最近いろいろなサイトを見ていて思うのはサイトの表示スピードが遅いということです。

最近ホワイトハットの流れが主流になってWordpressで文章も長く、写真をたくさん貼っている充実したコンテンツのサイトが増えていますが、反面時間表示スピードに気を使っているサイトは少ないように思います。

サイトのタイトルをクリックして表示するまでの時間が長いとユーザーは離脱すると思います。

特に5秒以上も待たされたら何度かサイトタイトルをクリックするか他のページに行ってしまうでしょう。

自分のサイトも遅かった

アクセス解析を眺めているとユーザーの足跡を見ることができますが、何度も短期間のうちに同じページにアクセスした履歴がよくみられます。

2回、3回もサイトに入り直している人も多かったのです。
この現象は何を意味するのか最初は全くわかりませんでした。

おそらくページをリロードしているのだと思っていました。

しかしもしかするとサイトがなかなか開かなくて検索画面に戻ったり、またクリックしたりというのを繰り返しているのではないかと思い始めました。

それを実感したのは意外なところでした。

普段我々はサイトを確認するときにPCで見るので、家のインターネット環境=光回線で見ることが多いと思います。

それで自分のサイトの表示スピードはほとんどマックスのスピードで見ることができるので遅いと感じることはありません。

しかしある日たまたまスマートフォンで自分のサイトを検索してみて、自分のサイトに入ってみてあまりにも表示スピードを遅くてびっくりしました。

写真の読み込みが長い時間かかっていたのです。

それで気がつけばサイトタイトルを何度もクリックしていました。

そこであの謎のアクセス解析のアクセス履歴はこれだ!と思ったのです。

私のスマホは格安SIMを利用しています。
ですので、5Mbps程度しか出ていません。

それで写真がたくさんあったそのサイトは表示するのに5秒ぐらいかかっていたんですね。

これまで他のアフィリエイターの作ったサイトを何度も閲覧していて、読み込みに時間かかるなあと思い自分のサイトはシリウスで作っているので大丈夫、と安心していたのですが、ショックでした。

写真の大きさに穴があったとは・・・

今後は表示スピードは一層の注意が必要

今はPCよりスマホの方が圧倒的にアクセスが多いです。

サイトによっては8割9割がスマートフォンの場合が多いです。

今はまだまだ大手キャリアのスマホを使っている方が多いですので、そのような大手キャリアの回線では表示スピードも20Mbpsくらいでサクサクと表示できると思います。

しかし今後は格安SIMを使う人が確実に増えると思いますので、5Mbpsや3Mbpsでアクセスしてくる方、昔でいうADSLのようなアクセススピードかそれ以下のスピードで検索している方が増えるのではないでしょうか。

となると表示スピードは大切です。

表示スピード早くするには

ワードプレスとシリウスではやり方が異なると思います。

私はまだWordpressはあまり真剣に使っていないので、どのような方法でスピードを早くできるかわからないので今後調べますが、シリウスの場合ではいくつか改善点があると思います。

  • 表示スピードの速いテンプレートを使う
  • 写真を縮小する

表示スピードの速いテンプレートを使う

シリウスの販売元が配布しているテンプレートは表示スピードが速いものが多いですので、特に気にする必要はないと思いますが、シリウスの販売元以外が作っているシリウス用のテンプレートを使っている方は注意が必要です。

原因はわかりませんが、javaなどの影響で表示スピードが遅いものもありますので、テンプレートを差別化したいという気持ちがなくはないですが、シリウスの販売元のテンプレートを使った方が、表示スピードという点では良いのではないかと思います。

写真を縮小する

写真を縮小するというのはシリウズでiphoneサイトを生成するにチェックを入れたとき自動的に設定されますので、設定する必要がありませんが、自分で写真の縮小設定を変えていることは注意が必要です。

スマートフォンの場合に写真を縮小するか縮小しないかという設定がありますので、縮小にするを設定して最大横幅が320ピクセル以下などに設定した方が良いと思います。

こうすることで写真の容量を1/4から1/6に小さくすることができ表示スピードがかなり早くなるのが分かると思います。

今はスマートフォンユーザーがほとんどですので、PCサイトの見栄えよりスマートフォンでの見栄えをよくしたほうがいいのではないかと思いますので、若干小さめの写真を使うようにしてPCでの見栄えが劣っても、スマホで最適なアクセスできるようになりばいいのではないでしょうか。

私の場合はこのような方法で写真を小さくしてそこそこスピード早くすることができました。

WordPressでの方法

WordPressの方法はまだ私もわかっていませんので、これから調べたいと思います。

WordPressはもともと読み込みがシリウスで作ったサイトより重いので、大きい写真などをベタベタ貼っていると目も当てられないような状況になってることもあります。

ですので、シリウスよりさらに注意が必要です。

スピードチェック方法

サイトのスピードは格安シムを使っているスマホでアクセスする以外に、PCで確認する場合はchromeでも見れます。

クロームを開きf12キーを押して、ネットワークというところをクリックしてリロードすると何ミリ秒で操作されたかどうかが分かります。

ですので格安SIMにしていない方はこちらでチェックしてみてください。