i2iのアクセス解析
i2iのアクセス解析を使っている方は非常に多いと思います。

無料版と有料版がありますが、使いやすくて有料版も費用が少なく済みとても便利なサービスです。

しかしログが10日間しか残らない、有料版にしても1ヶ月分しか残らず、さらにアクセス数などの簡単なデータも3ヶ月経ったら消えてしまうという大きなデメリットがあります。

直近3ヶ月のデータだけがあればいいという方もいるかもしれませんが、やはり1年2年スパンでどれぐらいアクセスが変動しているのかということを知りたい場合も多いです。

それでアクセス解析に悩まれている方は少なくないと思います。

無料で使えるアクセス解析でずっとデータが保存されるものはないのでしょうか。

サーバーのアクセス解析

その時はサーバーのアクセス解析がおすすめです。

エックスサーバーやファイヤーバードなど、きちんとしたサーバーであればアクセス解析が無料で使えるようになっています。

エックスサーバーの場合

エックスサーバーの場合は少なくとも10年ほどアクセスデータを保存できるようになっていて、アクセス数はもちろんのこと、訪問キーワードリファラなどが何年前のでも見れるようになっています

生ログは残念ながら残らないのですが、エックスサーバーのアクセス解析を入れておけば生ログ以外のデータは何年前のデータでも参照することができます。

ミニバード・ファイアバードのアクセス解析

ネットオウルが運営しているミニバードやfirebird、といったサーバーにも無料のアクセス解析が設置できるようになっています。

インターフェースはエックスサーバーのものとかなり似ていてほとんど同じように操作することができます。

保存される期間もエックスサーバーと同じで実質無期限で使うことができます。

該当サーバーを使っている方は今すぐ設置を

エックスサーバーやファイヤーバードミニバード以外にもアクセス解析を設定できるところがあります。

ですが、使いやすいのはこの2社です。

ですので、このサーバーを使っている方は是非すぐにアクセス解析をインストールしてみてください。

ドメイン設定などの画面と同じ所にアクセス解析を設定項目がありますので、アクセス解析を設置するをクリックするだけで簡単に設置することができます。

ドメインを取得してサーバーに設置するときに同時にアクセス解析を入れるという作業を組み込むといいと思います。

メインサイトはアクセス解析が使えるサーバに

メインサイトは2年単位でアクセスなどのデータを観察していきたいものです。

ですので、私はメインサイトになりそうなドメインやメインサイトに昇格したいというドメインはエックスサーバーかファイヤーバードに移してアクセス解析を設定するようにしています。

また激安サーバーに比べてサーバーが安定していますので、メインサイトに向いているという点もあります。

アクセス解析研究所

もう一つ無料で長期間アクセス解析データを保存できるところがあります。

それはアクセス解析研究所というところが運営しているサービスです。

以前はqlookアクセス解析といわれていた所の後継バージョンですが、ここは1年間のアクセスデータを保存することができます

1年間のアクセス数を通してみたり、キーワードももちろん1年分見ることができます。

ただ一人一人のユーザーを追跡できるセッションは1か月しか保存されませんので、注意が必要です。

ですが、アクセス解析研究所は1年分のデータ保存できるということに加えて、

  • アフィリエイトリンクのクリック日時がわかる
  • 入り口ページがわかる

という貴重な機能もありますので、メインサイトには是非とも入れておきたいものです。

まとめ:アクセス解析データをなるべく保持するためには

  1. i2iアクセス解析有料版を使う
  2. サーバー設置してあるアクセス解析を使う
  3. アクセス解析研究所のアクセス解析を入れる

この3つを入れておけばデータが途中でなくなる心配もなく長期間の解析が可能になります。