LP改悪で売り上げが3分の1に

私の主力で稼いでくれていた案件があったのですが、それが9月にLPを改悪してしまいました。

これまで7月、8月、9月と月10本程度上がっていたものが、10月は月3本になってしまいました。月10本ですが、高単価だったのでそこそこの稼ぎになっていました。ですが、それが1/3になってしまいました。

広告主が変更したのは

広告主が変更したのはLPのファーストビュー、そしてバナー素材の写真です。

まずLPのファーストビューにモデルさんを登用しました。

=======================================

実際の写真はお見せできません・・・

=======================================

これまでは「Glitter(美容雑誌)に掲載されました」という美容雑誌の切り抜きが写真だったものが貼り付けてあったのですが、それがモデルさんに代わってしまいました。そのため非常に軽い印象になってしまいました。

もうひとつの変更がバナー素材です。バナー素材は以前は商品の写真に、説明文が書いてある洗練されたバナー素材だったのですが、そのモデルさんが大きく入ってしまって軽い感じになってしまいました。

ファーストビュー以外の部分や商品自体・定期コースの回数など、他には全く変更されていません。またもちろんアフィリエイトサイトにも全く変更は加えておらず、6月・7月・8月と全く文章やサイト構成などは変更していません。

CVRが非常に高い商品

実はこの商品、元々は非常にCVRが高い商品というのが特徴でした。この商品のライバル商品のCVRは6%、3%ぐらいなのですが、この商品に関しては10%を超える成約率で広告主も非常にCVRが高いということを売りにしていました。

私も実際にアフィリエイトをしていて感じたのですが、CVRが16パーセントを超えるような時もあって5人送客すれば一人は決まるというような、ものすごく売れる商品でした。

それがモデルさんを登用したことで成約率が1/3以下になってしまったんですね。

11月元のLPに戻った

LPが改悪されたのは9月22日頃です。ですが、先日公式サイトを見てみたところ以前のLPに戻っていました。やはり公式サイトでも他のアフィリエイトサイトでも売上が著しく下がってしまったのでしょう。

これでバナー素材も元のものに戻してくれれば成約率が以前の状態に戻るでしょうか。11月はサイトなどに何も変更を加えずに待ってみたいと思います。

この件からわかること

今回は非常に勉強になりました。

というのはファーストビューを変えた、たったこれだけでこれだけ成約率に差が出てしまうということが分かったからです。

商品力があるからこの商品はCVRが高いと広告主もいっていたのですが、商品力だけではなく、実際にはLPのデザインもこんなに影響していたんですね。

そして広告素材のバナー素材も大切です。バナーにモデルさんの顔が入ったことでクリック率も落ちました。バナーなんて今時、見ていないと思いがちですが、実際にはユーザーはきちんと見て、それで購入意欲が増したり下がったりしてしまうんですね。

広告主のLPと同じく私たちのアフィリエイトサイトのLPのデザインも大切だというのを実感しました。

今回のように少しデザインを変えただけで成約率が半分になってしまったり、逆に2倍にできたりなど、ちょっとしたことで本当にユーザーの動きというのは変わります。

ですので、自分のサイトを成約率が悪い時は、少しずつ変更するなどしてテストして利益率を上げていきたいと思います。

皆さんも成約率が悪いページがあれば、少しだけデザインを変更したりしてテストしてはいかがでしょうか。

もしたしもしかしたらそれだけで成約率が倍になるかもしれません。