先週サイト診断をしていただいてトップページの情報量が少ないという指摘をいただいたのですが、その中に1位に押している商品の根拠がない、比較の情報がないというのがありました。

そこで今週はずっとこれまで作ったサイトのトップページの改善をしていました。

改善したのは以下の通りです。

1位の理由を書く

まずですが、1位に推している理由を書きました。
これまでは1位の理由というのは書いておらず、ランキングごとにその順位の理由を書いていました。

それでは根拠のないランキングになるということで、なぜ1位なのかという情報を別項目で追加しました。

①ジャンル1つ目
それはサプリのサイトですが、成分が一番沢山入っていて、コスパが良いということ、他のサプリメントとの成分量と一日当たりの価格を比較して、比較表をのせて、一番安くて一番量が取れるというサプリが1位になっているという根拠を載せました。

②ジャンル2つ目
2つ目は化粧品のサイトです。

なぜこの化粧品を1位に押しているのかを追加しました。

どんな情報を追加したか、
シリウスのポイントタグ?がありますが、ポイントタグを1から10まで使ってそれに全部その商品のメリットを列挙する形+1位の理由の別項目の文章で載せました。

例えば
1.定期コースで購入するとどの化粧品よりも安い
2.効果の高い美白成分が含まれている
3.内容量が一番多くてコスパが高い
4.定期コースの縛り回数が少ない
5.返金保証が何日間ある
などです。

そして最後に1位に推す商品の全成分をテーブルタグでのせて簡単な説明文を付け加えました。

これでだいぶ1位が目立たせられたのではないかと思います。

自分はいろいろリサーチしているので、この商品が1位というのは自分の中では完全に決まっているような感じなのですが、初めて見るユーザーから見ればそのような情報が書いていないとどれが1位なのか、なぜ1位なのかわかりません。

ですので、なんとなく当たり前と思っていた情報でもちゃんと書いてあげないといけないんですね。

比較情報の追加

もう一つは比較情報の追加です。
比較ランキングのサイトですから、比較している情報がないとだめです。

ですが、私の場合はほとんど載せていませんでした。
それで比較情報の追加しました。

①ジャンル1つ目
まず成分の比較、サプリメントに使われている成分でどのような点が違うのか、どのような特徴があって誰におすすめな成分なのかという情報を追加、そして価格や配合ている成分、定期コースの縛り回数などを全部テーブルタグを使って表にして分かりやすく比較できるようにしました。

ジャンル2の化粧品のサイトにはすでにテーブルタグを使って比較コンテンツ乗せていたのでこちらは変更する必要なしでした。

商品スペックと報酬順が違うときは?

今回は1位にランキングしている商品のスペックが圧倒的だったことと、その商品の報酬額も1番高いということでメリットを打ち出しやすかったのですが、もしスペックが低い商品で報酬率が高い商品だったらどうするのか、という疑問も生まれてきました。

そういう時はどうやって1位に商品を推すのでしょうか。
あまりメリットともいえないような点を誇張して書くのか・・・それとも報酬順に並べるのは諦めるのか・・・・これからそんなサイトが出てきた時にどうやって書けば良いのか迷ってしまうだろうなと思います。